<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2018.02.23 Friday  | - | - | 

カラットとは

カラット(Carat:記号「ct」)は
宝石の重さの単位のことです。
カラットの語源は、
イナゴ豆(カロブ:Carob)に由来しています。


昔、宝石を量る天秤のおもりとして 
このイナゴ豆が使われていました。
イナゴ豆は乾燥させると、
1粒がほとんど0.2グラム。
豆の大きさ・重さが一定していて
便利だったんですね。


しかし、量り方が地域でまちまちだったため、
1907年のメートル条約で、
「1ct=0.2g」と定められました。
一般的なカラット表示としては、
小数点以下第3位で四捨五入、
または切り捨てで、小数第2位までです。
(例えば0.25ctとかね^^)


ダイヤモンドの品質を決めるものに
「4C」というものがあります。
カラー(Color)
カット(Cut)
クラリティ(Clarity)



そして、この
カラットです。


ダイヤモンドの原石の大部分は 
1カラット未満なんですよ。
そのため1カラット以上のものは希少性が高く、
価値も上がるというわけなんです。


〜これも カラット?〜
実は金の純度の単位も、カラットを使います。
ただしこちらは
Karat(記号「K」または「kt」)です。


純度を24分率で示し、例えば
24Kは純度100%(24/24)
18Kは 純度75%(18/24)
ということになります。


どちらのKも大きければ、
女性にとっては嬉しいですよね^^



あなたのお役にたちましたら、
応援クリックを頂けるとうれしいです ⇒ 
ブログ村 ジュエリー

幸せな宝石のちからで愛をいっぱい手に入れる方法 トップに戻る
2018.02.21 Wednesday 10:41 | comments(0) | - | 
 | 1 / 1 PAGES |