<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2018.02.23 Friday  | - | - | 

宝石の硬度とは

宝石の硬さの度合いとして一般的なものは、モース硬度です。
ドイツの鉱物学者である フリードリッヒ・モースが考案しました。



モースは代表的な宝石10種類を集めて、それぞれの硬度を測定し
10ランクに分けました。



しかしこの硬さの度合いはおよその目安であり、
数値は等間隔にはなっていません。
例えばダイヤモンドの「硬度10」はルビー(硬度9)以下の宝石に比べ、
ずばぬけて強い抵抗力を持っています。



またこの「モース硬度」は物質の引っ掻きに対する抵抗力
(引っ掻いた時の傷のつきにくさ)を測定したものであって、
割れにくさとは異なるものです。



ですからモース硬度が高いからといって乱暴にあつかい、
なにかの拍子に強い衝撃を受けて、欠けてしまうことだってありますので、
取り扱いには注意が必要です。



以下にモース硬度による宝石の見比べと、引っ掻きの目安を載せましたので
参考にしてみて下さいね。



硬 度 ―  お  も  な  宝  石 ― 目     安
10
ダイヤモンド 
地球上で最も硬い宝石


ルビー・サファイヤ
ダイヤモンド以外ではキズがつかない  


トパーズ・キャッツアイ・アレキサンドライト
ダイヤ・サファイヤ・ルビー以外ではキズがつかないが、稀に欠けることあり


水晶・トルマリン・エメラルド・アクアマリン・ガーネット
ヤスリで僅かにキズがつく、エメラルドは衝撃にも弱い


ムーンストーン・トルコ石・ペリトッド・ヒスイ
ヤスリで簡単にキズがつく
     

アパタイト・オパール
鋭利な刃物でキズがつく


フローライト
針・刃物でキズがつく
 

真珠・珊瑚・カルサイト
ガラス片などでもキズがつく
 

琥珀・べっ甲
爪でも僅かにキズがつく
 

軟石
爪で簡単にキズがつく



その他の硬さの目安としては こちらがあります。
ヌープ硬度 → アメリカのヌープ博士の考案した圧力(押し込み)に対する
         抵抗力を数値で示したもの。

じ ん 性 → 衝撃を受けた時の抵抗力。割れや欠けにくさの基準。

へ き 開 → 一定方向に対して割れやすいかどうかの基準。
        結晶体である鉱物(宝石)には少なからずこの性質があります。   
        あの硬いダイヤモンドは、この性質を利用して加工されます。


あなたのお役にたちましたら、
応援クリックを頂けると嬉しいです ⇒ 
ブログ村 ジュエリー

幸せな宝石のちからで愛をいっぱい手に入れる方法 トップに戻る
2011.05.28 Saturday 00:25 | comments(0) | - | 
 | 1 / 1 PAGES |