<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2018.02.23 Friday  | - | - | 

ルビーの色は情熱の赤

「赤い宝石」といって真っ先に思い浮かぶのは
やっぱり「ルビー」ですよね^^


コランダムという六角形、または六角板状の結晶体ですが、
その中で赤色をしているのがルビー
それ以外のものを サファイヤと呼びます。


つまりルビーとサファイヤは同じ鉱物なんですよ。


硬度9(モース硬度)という
ダイヤモンドに次ぐ硬さを持っています。


ルビーの名前の由来は、ラテン語の「赤」を意味する
「rubeus(ルベウス)」から来ています。


その血を思わせる色から、古来より病気を治し、
命を活性化させるちからを持つといわれ、
重宝されていました。


ルビーの産地としては、
ミャンマー・タイ・アフガニスタン・パキスタン・
ベトナムなどがあげられますが、
そのなかでもミャンマー産のものが一番品質が高くて
そして比較的大きな結晶が産出されています。


ルビーに似ていてよく間違われるんですけど、
「スピネル」という赤い石があります。


古くからこのスピネルとルビーはよく間違われて、
すごく大きなスピネルがルビーとして
扱われていることもありました。


1783年にやっと
スピネルが別物質として識別されてから、
ルビーはルビーとして
ダイヤモンドに次ぐ宝石としての価値を
確立したのです。



"華やかレッドの魅力"K18
ルビー フルエタニティ リング


あなたのお役に立てましたら、
応援クリック頂けると嬉しいです ⇒ 
ブログ村 ジュエリー

幸せな宝石のちからで愛をいっぱい手に入れる方法 トップに戻る
2016.01.31 Sunday 23:01 | comments(0) | - | 

良いルビーってどんな石?

ルビーはミャンマー・タイ・アフガニスタン・
パキスタン・ベトナムなどで
採掘されていますが、
特にミャンマー産のものが
高品質といわれています。


ミャンマー産と他の地域から
採掘されたルビーの見分け方は、
太陽光でその宝石を見たとき、 
青味を帯びてみえればミャンマー産。
そうじゃなければ、別の産地となります。


これはミャンマー産の石には蛍光性があるため、
太陽光に含まれる紫外線に反応するからです^^


それ以外で選ぶとすれば、やはり透明感があり、
赤い色の濃いものを選ぶのが良いでしょう。


また1カラット以上のものは、大変希少価値があるので
わずかに色の落ちるものでも気に入ったものならば
手に入れておいても良いですよ。


ルビーの中には六条の光が
石の表面に表れるものがあります。
「スタールビー」と呼ばれていますよね。


これは線維状組織が
石の中に含まれているために起こるものです。
つまり不純物が混ざっているわけで、
そのため必然的に石の透明度が落ち
透明度のあるスタールビーはなかなかありません。


時には透明度があり、
スターも綺麗に表れているものもありますが、
もちろん希少性が高いものなので、
100〜1000万円単位の値がつくのは
あたりまえのことでしょう。


まあ、そこまでは無理としても、スタールビーを選ぶときには
1.色
2.透明度
3.中央にスターがはっきり表れるか
4.そのスターが均一に長く表れるか

その点に注意して選んでみてくださいね。


*「スター」の光効果についてはこちらで詳しくご覧いただけます。




1.0ct スタールビーリング【Pt900】

あなたのお役に立てましたら、
応援クリック頂けると嬉しいです ⇒ 
ブログ村 ジュエリー

幸せな宝石のちからで愛をいっぱい手に入れる方法 トップに戻る
2016.01.30 Saturday 23:52 | comments(0) | - | 

ルビーのパワーをもらって恋愛成就♪ 

「軍神マルスの石」ともいわれているルビーは 
すごく強い力を持っています^^


そのちからで危険や災難から身を守り、
あなたを勝利へと導いてくれるのです。



例えば受験の時、またライバルの多い恋に悩んだ時、
ルビーを身につけることで、他より差をつけて
目標を勝ち取ることができるといわれていますチョキ


また護身として身につけていると、
危険や災難が近づいたときにルビーが自らの色を変えて
その危険を知らせてくれるともいわれますよ。


昔は復活・再生のちからを持つ石といわれていたので、
血液を浄化したり、解毒・解熱の治療法として
ルビーのちからを利用していました。


今も昔も その赤いちからで私たちを救ってくれるのです。
ありがたい石です^^


ただし、精神性の高い石といわれているので、
ジコチュウ(自己中心的)でいると、
たちまちその効力を失います。


つまり、人を見るってことです^^;


といっても
自分の行動に恥じることをしていないならば大丈夫。
あなたの生き方を示すことで 
赤いちからは大きな勝利を導いてくれるのです。


赤いちからを信じて、
がんばってみて下さいね^^



K18 ルビー ダイヤモンド リング 『cresta』
【ピンキーリング対応可能】


あなたのお役に立てましたら、
応援クリック頂けると嬉しいです ⇒ 
ブログ村 ジュエリー

幸せな宝石のちからで愛をいっぱい手に入れる方法 トップに戻る
2016.01.29 Friday 23:47 | comments(0) | - | 

ルビーの最高級品に出会いたい

ミャンマーのモゴック地区のみで採掘される 真っ赤なルビーは
『ピジョンブラッド(鳩の血)』と呼ばれる
ルビーの中の 最高級品です指輪


色が濃く、赤ワインのような深みがあり、
それでいてにごりがなく、透明な『赤』です。


ルビーの産地はいくつかありますが、
「ビジョンブラッド」が取れる所は、
今のところここだけです^^


昔から血液を浄化させる作用があるといわれていたルビーは、
綺麗な血液を連想させる色、つまり「ピジョンブラッド」に
最も強いパワーがあると思われていたんです。


その名残りもあって、
今でもこの赤は一目おかれているのです。
実際見ているだけでとても大きなパワーを感じ、
人々を惹きつけますよ。


また「ピジョンブラッド」のルビー自体の
採掘量はそれほど多くなくて、
人気があるだけ希少性も高くなっています。


良質なものでは、
ダイヤモンドより価値が高くなることもありますよ。


あなたなら ダイヤモンドとピジョンブラッド、
どちらを選びますか?


私なら本当にきれいなピジョンブラッドに出会えたなら、
そちらを選んでしまうかもしれませんね^^



プレミアムクォリティールビー4.03CT
こちらも綺麗でしょ。
ここまで綺麗なものは、めったに出会えるものじゃありません。
でもお値段もなかなかですけどね…^^;

あなたのお役に立てましたら、
応援クリック頂けると嬉しいです ⇒ 
ブログ村 ジュエリー

幸せな宝石のちからで愛をいっぱい手に入れる方法 トップに戻る
2016.01.28 Thursday 23:34 | comments(0) | - | 

ルビーのお手入れ&取り扱い方

ルビーはダイヤモンドに次ぐ硬度を持っていますので
強い衝撃をあたえること以外は 
熱や薬品にも比較的強い宝石です。


お手入れはどの石でもそうですが、
身につけて取りはずした時には
やわらかい布で、そのたびに
表面を拭いておくのがいいですよ。


「輝きが薄れてきたかな」
と思ったら、カットの裏面に
汚れが溜まってきているので、
ぬるま湯と中性洗剤、
柔らか目の歯ブラシ(子供用が良)などを
用意し、中性洗剤を泡立てて 
その泡をブラシにつけて
軽くルビーを洗って下さい。


宝石の裏面は少し 念入りに。


終わったらぬるま湯で宝石をすすぎ、
流水で洗剤をよく洗い流しましょうね。


充分洗い流した後は、柔らかい布で
水気をしっかり拭き取って完了です^^


保管の際は、キズ付き防止のため
他の石との接触がないようにしましょう。
ダイヤモンド以外は、
傷つくのは他の石のほうですけどね。


でも、ルビー自体は強い石ですが、
その台となる「ゴールド」や「プラチナ」は
比較的柔らかいものですので、土台に傷がつきます。


どちらにしても、
宝石は単独で保管できるように
取り扱う工夫をしましょう。
(しきりとかがあるものを使うとか…ね^^)



プレミアムクォリティールビー4.03CT

あなたのお役に立てましたら、
応援クリック頂けると嬉しいです ⇒ 
ブログ村 ジュエリー

幸せな宝石のちからで愛をいっぱい手に入れる方法 トップに戻る
2016.01.28 Thursday 00:00 | comments(0) | - | 
 | 1 / 1 PAGES |