<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2018.02.23 Friday  | - | - | 

カラーとは

カラー(Color)は
ダイヤモンドの品質を見極める際に基準となる
『4C』といわれるもののひとつです。


ダイヤモンドには非常に多くの色があり、
色によって評価が変わります。


それは無色透明の「D」からライトイエローの「Z」まで、
23段階に分かれます。


ちなみにA・B・Cはありません^^


ダイヤモンドの頭文字「D」から始まり、
ランクではそれがハイグレードになります。
D・G・Hまでが無色のものです。



そこから少しずつ黄色味をおび、
G・H・I・Jは ほぼ無色、
K・L・Mはわずかに黄色、
NからRは非常に薄い黄色、
SからZは薄めの黄色 などと分かれていきます。



より無色透明なものが高価になるわけですが、
それは産出量が少ないため、希少性が高くなるからです。



婚約指輪を選ぶのなら、
D・E・F・Gあたりが良いですね^^



無色以外の色つきのものは、
ファンシーと呼ばれています。
「ファンシーグリーン」や「ファンシーピンク」などです。


好みによるとは思いますが、
やはりひとつくらいは無色透明なダイヤを
持っていたいですよね。


ダイヤモンドの場合はカラーだけではなく
『4C』全体のバランスが肝心ですので、
しっかり基本を頭に入れてから
彼におねだりしてくださいね!


あなたのお役にたちましたら、
こちらの応援を頂けると嬉しいです♪ ⇒ 
ブログ村 ジュエリー


幸せな宝石のちからで愛をいっぱい手に入れる方法 トップに戻る
2011.05.14 Saturday 22:51 | comments(0) | - | 
 | 1 / 1 PAGES |